カテゴリー検索

どうも、まりかです(*^ω^)ノ!

 

今日は、初心者なら誰でも躓くであろう、

「商品の見つけ方」のコツの1つを紹介しようかなと思います♪

 

カテゴリー検索

まず、初心者の方がやりがちな検索方法として、

とりあえず自分の知っている商品を検索窓に

打ち込んで【(例)「たまごっち」→検索】

などと、手探りで探す事例があります。

 

 

が、これだと結局自分の知っている商品しか

見つけることが出来ませんよね。

すぐにネタが尽きちゃって、視野が狭いまま

仕入が煮詰まってしまったことはないでしょうか?

 

 

まず、初心者の人はとにかく

商品をたくさん知るということが大事になってきます!

これから紹介する「カテゴリー検索」は比較的かんたんに

視野をどんどん広げていけるのでオススメです☆

 

下で文章と画像を挟んで説明もしますが、

文章を観るのが苦手な方は動画でどうぞ(*^ω^*)↓

 

 

 

では、説明していきます♪

 

 

まず、仕入れ先である「ヤフオク」のトップページを開きます。

すると左横に、「カテゴリから探す」という欄がありますよね。

どれでもいいのでカーソルを合わすと、さらに右側にズラッと

さらに細かく分類されたものが出てきます↓

コンピュータ、家電・AV、カメラなどなど・・・

どれでもいいので、クリックして中に入りましょう。

(私は家電・AV機器の内の「美容・健康」)

 

 

 

すると、さらに左端にズラーっと選択したカテゴリーの商品が

細かく分類されています↓

いろいろありますね〜(・0・)!

ちなみに、カッコ内の数字は出品者の数です。

 

ではその中から、

またどこでもいいのでクリックして中に入りましょう。

(私は美容機器のフェイスケアにしました↓)

 

 

中に入ると、ズラーっと商品が表示されます!

でも、4000件以上ある中、見つけたいのは

「新品」なので、左下にある「新品」で絞る

中古を省けて見つけやすくなるのでオススメですよ☆

実際、中古を省くだけで4000件→2000件まで

絞られました↓

 

この中から、

安そうだなーと思う商品を片っ端から「型番」と呼ばれる

商品の番号(たとえば、上の画像の一番下の目元エステ

であれば「EH-SW51」が型番となります)をAmashow

に検索をかけて、価格差のある商品なら、ウォッチリストに

登録して行きましょう♪

※Amashowを知らない方はこちらの記事へ→Amashowの使い方

 

 

 

ただし、気をつけないといけないことが一点。

というのも中には、「新品」で出している出品者さんの

中には「一回使っただけだし新品で出しとこう」と思って

新品で出している方がいるので、ちゃんと商品説明を見て

本当に新品かどうかを確認するようにしましょう☆

 

(画像参照)

kategori8

 

kategori10

「ごく美品」「ほぼ新品」

など、こうゆうタイトルは特に注意です(`・ω・´)!

 

まとめ

初心者の人は、まずはたくさんの商品を

知ることによって、こうゆうのが売れるんだ!と

どんどん知識を増やしていきましょう☆

 

 

そうすると、次第に自然とリサーチ能力

(商品を見つける能力)が身に付いていきますよ☆

 

 

 

 

初心者でどらーのサポート隊員@まりか

 

 

関連記事

Amashowの使い方(見方)

仕入れの基本!

4 Responses to “カテゴリー検索”

  1. 佐々木 孝 より:

    とても参考になりました(≧∇≦)
    細かくゆっくりと説明がされていて注意点などの説明も助かります。
    知っている人からすると当たり前なのかもしれないですが、何も知らない私にはヤフオクで買ってアマゾンに転売するっていうのは不思議な感覚で参考になりました(^○^)
    不思議だなって思ったのは購入者の方もヤフオクとアマゾンだったら、どっちが安くていいものがあるかなーって探すだろうって決めつけてしまってたので勉強になりました(^○^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ