Amazonセラーセントラルへの登録

どうも、

初心者せどらーのサポート隊員@まりかです(*・∀・)

 

 

本日は、せどりをする上で欠かせない

出品専用サイト「Amazon seller central」

への登録について説明していきます。

 

セラーセントラルとは

まず先にセラーセントラルとは

なんぞやというところをお話していきます^^

 

 

セラーセントラルとは、

Amazonへ商品を出品する際に

利用する出品者専用サイトです◎

 

 

このセラーセントラルへ登録する際に

大口出品と小口出品という2種類の

出品方法が選べるのですが、

せどりを本格的にするのであれば

大口出品のほうが色々と有利になります。

 

詳しく説明していきます^^

 

大口出品のメリット・デメリット

ではまず、大口出品から説明していきます。

 

大口出品(別名:FBA)とは、

一度、販売する商品をAmazon倉庫へと

納品してから出品する方法です。

 

 

出品者が納品手続きまで終えると、

Amazon倉庫に届いた商品は倉庫で保管され、

お客様への販売手続きや発送まで代行してくれます。

 

 

 

せどりを本格的にするとなると

たくさんの商品を保管するスペースが

ないと自宅が大変なことになりますし、

売れた商品を自分でその都度発送するのは

想像しただけでキツイですよね(汗)

 

 

また、大口出品をする最大のメリットとして

商品が小口出品に比べて売れやすいという点!

 

 

 

なぜ売れやすいのかというと、

小口出品者に比べてカートが

取りやすいからなんですよね!

2016012602-compressor

 

カートを取ることができるとは、

すなわちお客さんに自分の商品を

買ってもらいやすくなるということです^^

2016012601-compressor

 

 

大口出品への登録は、

月額4,900円費用がかかりますが

商品の保管、出品、お客さんからの

入金処理や発送、売れやすさなど

考えるとこちらで登録することを

お勧めします。

 

 

ちなみに、登録のタイミングは

商品を仕入れて手元に荷物が

溜まってきたらそのタイミングで

登録するのが良いですよ。

 

 

というのも、

登録から3ヶ月間は月額料金が無料なので

商品が手元にないうちから登録してしまうと

せっかくの無料期間をあまり活用できずに

終わってしまうのでこれから始める初心者は

商品が届いてから登録しましょう^^

 

 

 

最後にデメリットとして、

大口出品を利用すると、月額料金とは

別に様々な手数料がかかります。

 

 

商品が売れた際に必ず発生するのが

以下の手数料です。

 

 

*販売手数料 

*出荷作業手数料

*発送重量手数料

 

だいたいですが、この手数料は

売れた価格の15〜20%ほどになります。

2016012603-compressor

 

他にも、

月1で在庫保管手数料や

保管した商品を出品者が返送したい

場合に発生する返送手数料などなど

多少の手数料が発生します。

 

小口出品のメリット・デメリット

では次に、小口出品について

説明していきます。

 

小口出品とは、大口出品とは違い

Amazon倉庫に納品せず、自宅から

商品が売れたら発送するという

出品スタイルです。

 

 

 

出品手続きは大口出品と同じように

セラーセントラルから行いますが、

大口出品とは違い納品したりという

タイムラグがないので、出品手続き後

即時にAmazonへと出品が反映されます。

 

 

また、メリットとして

AmazonのFBAサービスを利用しないので

月額料金も発生しませんし、大口出品で

挙げた様々な手数料が小口だとほとんど

かかりません。

 

 

唯一かかるのは、

カテゴリー成約料(販売価格の8〜15%)

基本成約料(1点につき100円)です。

 

 

 

 

ただし、これが必ずしも

メリットになるとは限りません。

 

 

 

1商品販売するごとに100円の

基本成約料がかかってしまうと

いうことは、月に商品を50点以上

仕入れる方は大口のほうがお得になります。

 

 

 

 

その他のデメリットとして

大口とは違い一括出品ができないので

商品を出品する際は1点1点地道に

出品することになるので何かと手間が

かかったり、購入者への発送も自身で

行うので長期的に自宅をあけることや

副業としてせどりをして時間に余裕が

ない方には向かないですね。

 

 

 

もう一つ注意したいのは、

大口出品として初めから登録する人が

月額料金3ヶ月間無料になるところ、

小口出品から登録した方が大口出品に

変更したとしても、最初の3ヶ月間の

月額料金が無料にならないことです。

大口に変更した月から月額料金が

発生するのでよく考えて登録しましょう^^

 

 

まとめ

大口出品と小口出品の違いは

わかりましたでしょうか?

 

 

せどりをするのであれば大口出品への

登録を断然おすすめしますが、

公式サイトにてより詳しく詳細が

書かれているので登録する際に

また目を通して確認してみてくださいね^^

セラーセントラル登録はこちら(公式サイト)

 

 

 

 

 

初心者せどらーのサポート隊員@まりか

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ